池上本門寺を読む

短歌・俳句

『池上誌』に投稿された短歌・俳句をご紹介します

短歌 選者 清水麻利子

今年もまたお会式万燈つどえずや
秋虫の鳴く本門寺かな
菅谷 妙進
現役の相撲のしこ名読めるかな
一山本に天空海・阿武咲
増島 淳隆
城壁の草刈りこなす自衛隊の
安全祈り感謝の念
西嶋 弘子
名君は名城築く熊本城
加藤清正像は武の美学なり
菊地 蓮子
おりおりに兼好法師に親しみし
フレーズ真似たき「神無月のころ」
立花三千男
この齢実りの秋に居るわたし
揺らぐ灯明ほのあたたかく
辻井 良枝
今朝の空澄みわたりたり愚痴なるも
いつかは晴るる長雨続くも
辻井 良枝
十五夜の月見ダンゴをホオバッテ
娘と孫ひ孫の笑顔をいただく
切通 耕道
那智の瀧天より落つる日本一
静寂のなか心躍りぬ
切通 耕道

俳句 選者 能村研三

瞬ける星ひとつあり賢治の忌
石川 笙児
秋探し築百年の珈琲店
酒井 智章
百態の猫の和みや秋日影
阿部真佐朗
地平線より牛現はれて雲は秋
関根 瑶華
白球の果ては天心いわし雲
岩波 博庸
初萩の細雨にけぶる花頭窓
古居 芳恵
豊の秋「昼のいこい」のテーマ曲
菊地 光子
栗を剥くこつこつ刻む時計音
小形 博子
思ひ出は葡萄の粒で足らぬほど
小藤真由美
秋耕や安堵の色の大入日
阿部 直己
晩秋や浅間の裾の色模様
今里 隆
わたつみの光とどけぬ彼岸花
秋山 典子

ここで掲載している「短歌・俳句」を始め、月刊『池上』には、様々な記事を掲載しています。どなたでも年間購読(1200円/年)が可能です。ご希望の方は、下記「年間購読フォーム」にてご連絡下さい
年間購読フォーム

過去の記事