池上本門寺を読む

短歌・俳句

『池上誌』に投稿された短歌・俳句をご紹介します

短歌 選者 山中登久子

被害者も口を噤めば加害者に
なること知らぬ人のかなしさ
飛田 正勝
車窓よりそよぐ薄の美しさ
時代変われど秋はきにけり
奥 貞子
片手なきパラ競泳の人々の
記録のばさんと吐く息激し
切通 耕道
仰ぎ見る電線上の数羽の
雀水色の空に今日がはじまる
菊地 蓮子
ミシン踏み汗ばむからだで夕仕度
廚の風はすでに秋なり
菅谷 妙進
草抜きをしばし終わりておしゃべりす
電話に友との至福のひととき
千葉 瓊子

俳句 選者 能村研三

身にしむや常のくらしの幸ひを
古居 芳恵
桐の実の高きに鳴りぬ希典忌
石川 笙児
炎昼や靴にかみつくアスファルト
菊地 光子
鬼の子に優しき風や祖師参道
酒井 智章
昼灯す紫烟草舎や秋暑し
飛田 正勝
冬瓜のとろとろ透明母忌日
山室伊津子
佛壇に一声新米の湯気供ふ
長門 洋
秋近し露天風呂に星が降り
今里 隆
秋涼し法華太鼓の鳴りの良さ
増島 浄徳

ここで掲載している「短歌・俳句」を始め、月刊『池上』には、様々な記事を掲載しています。どなたでも年間購読(1200円/年)が可能です。ご希望の方は、下記「年間購読フォーム」にてご連絡下さい
年間購読フォーム

過去の記事