池上本門寺を読む

短歌・俳句

『池上誌』に投稿された短歌・俳句をご紹介します
※短歌担当の山中登久子先生のご都合で、短歌の掲載はしばらくの間お休みとさせていただきます(2019/11)

俳句 選者 能村研三

花野行く雫の形の大気球
菊地 光子
同じ名の墓碑多かりき島小春
石川 笙児
朝まだき切火鋭く初開帳
酒井 智章
手話といふ言葉のかたち木の実落つ
関根 瑶華
冴ゆる音の螺鈿ちりばむ五弦琵琶
古居 芳恵
今年また単身赴任の除夜の鐘
阿部眞佐朗
寒行の水は痛しと有髪僧
山室伊津子
小康の手書き二文字の初便り
飛田 正勝

ここで掲載している「短歌・俳句」を始め、月刊『池上』には、様々な記事を掲載しています。どなたでも年間購読(1200円/年)が可能です。ご希望の方は、下記「年間購読フォーム」にてご連絡下さい
年間購読フォーム

過去の記事