池上本門寺を読む

短歌・俳句

『池上誌』に投稿された短歌・俳句をご紹介します

短歌 選者 山中登久子

豊葦原の瑞穂の国の「こしひかり」
塩結び食う昭和ひとけた
飛田 正勝
門をあけおがら焚く息子と宵しばし
亡き人々の思い出語る
千葉 瓊子
萌え出づる木立の風の心地よさ
瑞々しき土ふみつつ歩む
菊地 蓮子
妻の手をしっかりにぎり片影を
梅雨の晴れまに夕刻散歩す
切通 耕道
新しき令和の年を迎えつつ
友の病の癒えるを祈る
瀧口 陽耕
物忘れ疲れに沈み齢を知る
独り身なれば化粧ほどほどに
奥 貞子
願わくば選挙公約実行し
社会保障で貧富の差なく
菅谷 妙進
環八の青葉若葉の並木道
娘の家へ陸橋を越え
切通 喜水
ただ一人の束縛を待つと書きしより
雲の分布は日々に美し
三国 玲子

俳句 選者 能村研三

鮎のことなら少年になる恩師
石川 笙児
炎天より明朝体の男来る
阿部眞佐朗
蛇消えて草につめたさ残りけり
菊地 光子
八朔の目高色濃く群れにけり
酒井 智章
寿ぎの後の放心日雷
山室伊津子
妻のこゑにふためき走る蜥蜴かな
飛田 正勝
涼を呼ぶコップに活けし野の草も
辻井 良枝
老鶯の声法華経に負けていず
増島 淳隆
夏の夕庭師帰りし庭に出る
今里 隆

ここで掲載している「短歌・俳句」を始め、月刊『池上』には、様々な記事を掲載しています。どなたでも年間購読(1200円/年)が可能です。ご希望の方は、下記「年間購読フォーム」にてご連絡下さい
年間購読フォーム

過去の記事