池上本門寺を読む

短歌・俳句

『池上誌』に投稿された短歌・俳句をご紹介します
※短歌担当の山中登久子先生のご都合で、短歌の掲載はしばらくの間お休みとさせていただきます(2019/11)

俳句 選者 能村研三

無味無臭無慈悲無差別春の鬼
酒井 智章
生も死も白着るならひ涅槃西風
関根 瑶華
菜の花や艇庫にカヌー積み上げて
菊地 光子
春潮の青青凪ぎし壇ノ浦
石川 笙児
越中の潮音曳いて蛍烏賊
阿部真佐朗
疫病に国境のなく鳥曇
古居 芳恵
初蝶と道行き渡る矢切かな
飛田 正勝
混沌の世情の疫病薔薇に棘
山室伊津子
白障子春日のかげを映しをり
今里 隆
菜の花に隠れてしまふ一年生
椎名 恵
早春の気配感じる風の色
辻井 良枝

ここで掲載している「短歌・俳句」を始め、月刊『池上』には、様々な記事を掲載しています。どなたでも年間購読(1200円/年)が可能です。ご希望の方は、下記「年間購読フォーム」にてご連絡下さい
年間購読フォーム

過去の記事