池上本門寺を読む

短歌・俳句

『池上誌』に投稿された短歌・俳句をご紹介します
※短歌担当の山中登久子先生のご都合で、短歌の掲載はしばらくの間お休みとさせていただきます(2019/11)

俳句 選者 能村研三

渾身や羊村先生春に逝く
酒井 智章
青鷹(もろがえり)那須三山を撫で斬りす
石川 笙児
指物の精緻極めて雪解光
阿部眞佐朗
二つとは大切な数鏡餅
菊地 光子
寒晴や空に交差の高速路
関根 瑶華
あたためる細き指さき紙漉女
古居 芳恵
齢重ねるも乙女に戻る雛祭り
辻井 良枝
うぐいすの声に惹かれて耳澄まし
椎名 恵和

ここで掲載している「短歌・俳句」を始め、月刊『池上』には、様々な記事を掲載しています。どなたでも年間購読(1200円/年)が可能です。ご希望の方は、下記「年間購読フォーム」にてご連絡下さい
年間購読フォーム

過去の記事